小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

ぼくは勉強ができない /山田詠美


・形式

小説、高校生、学校、恋愛

 


・あらすじ

山田詠美 『ぼくは勉強ができない』 | 新潮社

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ――。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪い。この窮屈さはいったい何なんだ! 凛々しくてクールな秀美くんが時には悩みつつ活躍する高校生小説。

 


・収録話数

 


・初出

 


・読了日

 


・読了媒体

ぼくは勉強ができない(新潮文庫)

 


・感想メモ

「なんで勉強しなきゃならないんだよ」という、ある意味反抗的ともいえる疑問は誰もが一度は考えたことがあるだろう。

 


本作の主人公秀美君は、勉強について無頓着な人物だ。かといって不良ではない。年上の桃子さんと熱愛中である。

 


本作の登場人物は、「ませている」人が多い。大人に早く近づこうとして、逆に子どもっぽさを出してしまっているのである。自分を「少しぬけている」ように他人に見せ、かわいく装っている子もいる。(そんな、彼女の演技を秀美君は見破ってしまうのだが。)

 


だが、秀美君も他の登場人物と同じように大人(この場合は精神的なそれである。)ではない。不器用なのだ。

 


本作には、教育、恋愛、性、思春期特有の悩みなどの問題が多数描かれている。本を閉じた後も2,3日はいろいろと考えてしまうだろう。中学生、高校生であるならば2、3日ではすまないと思う。本作はそんな内面の描写に優れた作品である。

 


なぜ死ぬのか、なぜ生きるのか、なぜ勉強をしなければいけないのか。そんな問題に答えをだすのはとても難しい。

 


この作品が発表されてから15年近くの年月が経過したが、古さなどまったくない。近年ヤングアダルト界が豊作であるが、いじめや家庭崩壊を描いたものが多い。そんな状況が残念に思えてしまうほど、この「普通」の世界はさまざまな感情の起伏に満ちているのだ。(2008.02.08)