本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

滝田ゆう

滝田 ゆう

たきた ゆう

 

 

1956年

『なみだの花言葉』

 

 

1957年

『七色の花束』

 

 

1958年 

『姉と妹』

『ああ長崎の鐘が鳴る』

『踊り子姉妹』

 

 

1959年

『夢追う少女』

「カックン親父」

 

 

1960年 
『ボクチーン ぼくら』

「ビーだま殿下」

 

 

1961年

「新爆笑ブック」

「しおまめくん」

 

 

1963年

「きんざえもん」

「ハッスルとうさん」

「おかしな連中」

 

 

1965年 

「夜叉丸参上」

 

 

1967年

4月「あしがる」

5月「しずく」

6月「かわりみ」

7月「赤飯」

8月「ふぇあぷれい」

9月「風法師」

10月「星の流れ」「からまわり」「幕尻」「まきぞえ」 

11月「昼下がりの妄想」「くちおしい」「皿右衛門失踪」

12月「死に急ぎの記録」

 

 

1968年

1月「浪曲師ベトナムに死す」「長い道」

2月「三等陸尉凹山三助の憂鬱」 

3月「おこつ狂騒曲」

4月「ラララの恋人」「石子順造による滝田ゆう論」「モラリストの大衆像」

5月「孤独な島」「日々是好日」「最後の鋳掛屋」

6月「すちゃらかちゃん」 

7月「剥製の館」

8月「神父の休日」「本番」 

9月「さんりんぼう」「ワラッテ!!」「あいつ」「太陽は西へしずむ」

10月「豆腐屋ブルース」「諸行無常」 

11月「後巻咲子の決断」「彼女の世界」

12月「ぎんながし(寺島町奇譚)」

 

 

1969年

4月「用心棒暁に死す」「月は上がりぬ」「女の宿」「同志諸君」「隠密無情」「参加」「まるごし会談」「涙の連判状」「マイゴーストタウン」「海」「まじめなまじめなまじめな世界」「インポの法則」 

10月「カンバスがそこにあるから」 

11月「野坂昭如怨歌劇場」

 

 

1970年

2月「平凡死 」

7月「漫画ルポ 色彩廓続俤」

11月「玉の井絵草紙」

 

 

1971年

1月「泥鰌庵閑話」「絵草子怨歌考」

9月「蝉しぐれ」

 

 

1972年

1月「ネコ右衛門太平記」「紅桃子一人道行」

9月「にっぽん怨歌考」

 

 

1973年

1月「明烏」

6月「弘法大師特集」

7月「家計伝」

8月「ピンポンパン悲歌」

10月「蝋燭」

 

 

1974年

1月「怨歌橋百景」

2月「玉の井界隈0番地」



1975年

6月「新東京百景」

 

 

1976年

2月「滝田ゆう名作劇場」

12月「新東京百景 あなたの代わりに歩いてみました」

 

 

1978年 

1月「滝田ゆう歌謡劇場」「4コマ漫画ダンマリおじさん」

6月「二泊三日の逃亡者」

10月「昭和夢草紙」

「新東京百景」 

「字あまりエッセー昭和べエゴマ奇譚」

「滝田ゆう名作劇場」

 

 

1979年

1月「女の知らない男の気持ち」

8月「ネコベエ」

「師走の日記」

 

 

1980年 

1月「滝田ゆう落語劇場」

5月「ぼくの空想旅行」

「昭和夢草紙」

 

 

1981年

1月「すもう風景 いま昔」

3月「酒友録シリーズ」

4月「滝田ゆうの昭和絵草紙」

「雨の逃亡者」

 

 

1982年

「ぼく東玉の井0番地 寺島町面影地図」

「字あまり紀行越後潮風流れ旅」

 

 

1983年 

4月「ぼくの東京ぶらぶら旅行」「変調男の子守唄」



1984年

2月「少年キヨシの頃」

 

 

1985年

5月「Qさんのリハビリ日記」

6月「当世ホロ酔巷譚」

「変調男の子守唄」

 

 

1986年)

「滝田ゆう短篇劇場 あいつ」

「滝田ゆう短篇劇場 銀の砂」

「滝田ゆうの日本列島ふゆ暖議」

 


1987年 

10月「縁は異なもの(三遊亭圓歌・滝田ゆう対談)」

「第54回日本ダービー観戦記」

 

1988年

「ぼくの裏町ぶらぶら日記」 

 

 

1990年

1月「心の摘み草」

「さらば ぼく東夢明かり‐私版」