小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

ブルンガ1世(手塚治虫文庫全集)/手塚治虫

・形式

漫画、長編、ストーリー

 


・あらすじ

ある月夜、ジロ少年の家に、両手に二つトランクを下げた謎の老人が上がりこんでくる。天候を自在に操る男は「悪魔」と名乗り、ジロにトランクをひとつ託して、消えてしまう。トランクの中には「ブルンガ」という生き物が入っていて、それは「どんな動物にしたいか」を願って一晩トランクの中に閉じ込めておくと、何でも好きな形の動物になるという。
事件の夜、ジロは片桐という少年と出会い、このトランクのことを話す。少年は興味をもち、ぜひ二人で動物を育てよう、と持ちかける。こうして、トラと馬とワシの強さをもち、リスのようにかわいく、犬のように利口な動物・ブルンガが生まれた。
一方、刑務所に現れた老人はそこで服役中の若者・ガノモスにもうひとつのトランクを託す。もうひとつのトランクには、囚人たちの凶暴な願望が託され、蛇のような、ライオンのような強さをもち、冷酷な動物・ブルンゴが生まれた。
まったく別の場所に生を受けた二匹は、実はつがい。ブルンゴの存在を新聞でしった片桐とジロは、ブルンガとブルンゴを合わせるために、一路中東を目指す。
悪魔の生んだ生き物をめぐる人間の狂騒を描くファンタジー。

 


・収録話数

全10章

 


・初出

冒険王、1968年4月号~1969年3月号

 


・読了日

 

 

・読了媒体

ブルンガ1世(手塚治虫文庫全集)

 


・感想メモ