小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

岡井隆

1956年

「斉唱」

 

 

1961年

「土地よ、痛みを負え」

 

 

1962年

「海への手紙」

 

 

1964年

「朝狩」

 

 

1967年

「眼底紀行」

 

 

1969年

「現代短歌入門 危機歌学の試み」

 

 

1970年

「戦後アララギ」

 

 

1972年

「岡井隆歌集」

 

 

1973年

「茂吉の歌 夢あるいはつゆじも抄」

「辺境よりの註釈 塚本邦雄ノート」

 

 

1975年

「鵞卵亭」

「慰藉論 吉本隆明から斎藤茂吉」 

 

 

1977年

「韻律とモチーフ」

「岡井隆歌集」

 

 

1978年

「歳月の贈物」

「天河庭園集」

 

 

1979年

「遥かなる斎藤茂吉 私流「茂吉の読み方」」

「時の峡間に 現代短歌の現在 岡井隆評論集」

 

 

1980年

「ロマネスクの詩人たち 萩原朔太郎から村上一郎まで」

「前衛短歌の問題 現代職人歌から古代歌謡まで」

 

 

1981年

「メトロポオルの燈が見える」

「近藤芳美と戦後世界」

 

 

1982年

「人生の視える場所」

 

 

1983年

「歌のかけ橋」

「花を視る人」

「古代詩遠望 続・前衛短歌の問題」

 

 

1984年

「斎藤茂吉 人と作品」

「岡井隆の短歌塾 入門編」

 

 

1985年

「茂吉の万葉 現代詩歌への架橋」

「αの星」

 

 

1986年

「岡井隆の短歌塾 鑑賞編」

 

 

1987年

「岡井隆全歌集」

「犀の独言」

 

 

1988年

「今はじめる人のための短歌入門」

「人麿からの手紙 茂吉の読み方」

「けさのことば2」

 

 

1989年

「鵞卵亭談論」

「岡井隆の短歌塾 鑑賞編・古代歌謡」

「親和力」

 

 

1990年

「文語詩人宮沢賢治」

 

 

1991年
「宮殿」

「太郎の庭」

 

 

1993年

「愛の茂吉 リビドウの連鎖」

「斎藤茂吉と中野重治」

 

 

1994年

「岡井隆コレクション」

「禁忌と好色」 

 

 

1995年

「茂吉の短歌を読む」

「短歌の世界」

 

 

1996年

「茂吉と現代 リアリズムの超克」

「前衛歌人と呼ばれるまで 一歌人の回想」

「夢と同じもの」

「歌を創るこころ」

「けさのことば3」

「現代百人一首」

 

 

1997年

「月の光」

 

 

1998年

「大洪水の前の晴天」

「ウランと白鳥」

「前衛短歌運動の渦中で 一歌人の回想」

 

 

1999年

「ヴォツェック/海と陸 声と記憶のためのエスキス」

「詩歌の近代」

 

 

2000年

「ことばの朝風」

「挫折と再生の季節 一歌人の回想」

「臓器」

 

 

2001年

「E/T」

 

 

2002年

「短歌-この騒がしき詩型 「第二芸術論」への最終駁論」

「吉本隆明をよむ日」

「〈テロリズム〉以後の感想/草の雨」

 

 

2003年

「旅のあとさき、詩歌のあれこれ」

 

 

2004年

「伊太利亜」

「馴鹿時代今か来向かふ」

 

 

2005年

「『赤光』の生誕」

「ぼくの交遊録」

 

 

2006年

「二〇〇六年水無月のころ」

「岡井隆の現代詩入門 短歌の読み方、詩の読み方」

 

 

2007年

「わかりやすい現代短歌読解法」

「家常茶飯」

「初期の蝶/「近藤芳美をしのぶ会」前後」

「歌集『ともしび』とその背景―後期斎藤茂吉の出発」

 

 

2008年

「鴎外・茂吉・杢太郎 「テエベス百門」の夕映え」

「ネフスキイ」

 

 

2009年

「瞬間を永遠とするこころざし」

「注解する者」

 

 

2010年

「詩歌の岸辺で―新しい詩を読むために」

「X-述懐スル私」

「静かな生活-短歌日記2010」

 

 

2011年

「今はじめる人のための短歌入門」

「わが告白 コンフェシオン」

 

 

2012年

「森鴎外の『うた日記』」

「今から読む斎藤茂吉」 

「角川短歌ライブラリー岡井隆の短歌塾 入門編」

 

 

2013年

「岡井隆歌集」

「岡井隆詩集」

「ヘイ龍カム・ヒアといふ声がする(まつ暗だぜつていふ声が添ふ)」

「新輯けさのことば4」

「木下杢太郎を読む日」

 

 

2014年

「銀色の馬の鬣」

 

 

2015年

「暮れてゆくバッハ」