1841年


『マリヤ・ステュアルト』


『ボリス・ゴドゥノフ』


『ユダヤ人ヤンケリ』


 


 


1846年


『貧しき人びと』


「分身」


『プロハルチン氏』


『剃り落とされた頬髯』


『廃止された役所の話』


 



1847年


『九通の手紙にもられた小説』


『ペテルブルグ年代記』


『家主の妻』


 


 


1848年


『弱い心』


『ポルズンコフ』


『正直な泥棒(世なれた男の話)』


『クリスマス・ツリーと結婚式』


「白夜」


『他人の妻とベッドの下の夫(『他人の妻』『嫉妬ぶかい夫』)』


 


 


1849年


『ネートチカ・ネズワーノワ』


 



1857年


『小英雄』


 



1859年


3月「伯父様の夢」


11月「ステパンチコヴォ村とその住人」


 



1860年


『死の家の記録』


 



1861年


「虐げられた人びと」


『ペテルブルグの夢―詩と散文』


 



1862年


『いまわしい話』


 



1863年


『冬に記す夏の印象』


 



1864年


『地下室の手記』


 



1865年


『鰐』


 



1866年


1月「罪と罰」


10月「賭博者」


 



1868年


「白痴」


 



1869年


『大いなる罪人の生涯』


 



1870年


『永遠の夫』


 



1871年


「悪霊」


 



1873年


「ボボーク」


 



1875年


「未成年」


 



1876年


「キリストのもみの木祭りに行った男の子」


「百姓マレイ」


「百歳の老婆」


「やさしい女」


 


 


1877年


「おかしな人間の夢」


 



1879年


「カラマーゾフの兄弟」