小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

サイトデザインを2カラムにするか悩み中です

野村美月

2002年

2月「赤城山卓球場に歌声は響く」

3月「フォーマイダーリン! 月夜は無邪気に竜退治」

4月「天使のベースボール1」

7月「那須高原卓球場純情えれじ〜」

 

 

2003年

1月「あだたら卓球場決闘ラブソング」

6月「神宮の森卓球場でサヨナラ」

7月「天使のベースボール2 」

10月「Bad! Daddy1 パパに内緒で正義の味方」

12月「Bad! Daddy2 五月祭にパパは踊る」

 

 

2004年

3月「Bad! Daddy3 パパのキッスは苺味」

7月「Bad! Daddy4 やっぱり! とっても! パパが好き!」

12月「うさ恋。1 女なんか、嫌いだ〜っ!」


2005年

3月「うさ恋。2 おまえ、輝いてるぜ!」 

6月「うさ恋。3 オトされて、たまるか!」

9月「うさ恋。4 泣かせて、ゴメン。」

11月「うさ恋。5 好きだ、好きだ、大好きだ〜っ!!」

12月「羊くんならキスしてあげる☆」

 

 

 2006年

4月「“文学少女”と死にたがりの道化

9月「“文学少女”と飢え渇く幽霊」

 

 

2007年

1月「“文学少女”と繋がれた愚者」

5月「“文学少女”と穢名の天使」

9月「“文学少女”と慟哭の巡礼者」

 

 

 2008年

1月「“文学少女”と月花を孕く水妖」

5月「“文学少女”と神に臨む作家 上」

9月「“文学少女”と神に臨む作家 下」

10月「“文学少女”と乙女に集う召喚獣」

 

 

2009年

1月「“文学少女”と恋する挿話集1」

4月「“文学少女”見習いの、初戀。」

7月「桃園のいばら姫」

8月「“文学少女”と恋する挿話集2」

12月「“文学少女”見習いの、傷心。」

 

 

2010年

5月「“文学少女”と恋する挿話集3」

8月「“文学少女”見習いの、卒業。」

12月「“文学少女”と恋する挿話集4」

 

 

2011年

4月「半熟作家と“文学少女”な編集者」

5月「"葵" ヒカルが地球にいたころ……1」

8月「"夕顔" ヒカルが地球にいたころ……2」 

12月「"若紫" ヒカルが地球にいたころ……3」

 

 

2012年

2月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件1」

4月「"朧月夜" ヒカルが地球にいたころ……4」 

7月「こっちにおいで、子猫ちゃん。」

8月「"末摘花" ヒカルが地球にいたころ……5」 

9月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件2」

12月「"朝顔" ヒカルが地球にいたころ……6」

 

 

2013年

3月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件3」

4月「"空蟬" ヒカルが地球にいたころ……7」 

8月「"花散里" ヒカルが地球にいたころ……8」「鑑賞部の不埒な倫理」

9月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件4」

12月「"六条" ヒカルが地球にいたころ……9」 

 

 

2014年

3月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件5」

4月「"藤壺" ヒカルが地球にいたころ……10」 

5月「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる1」

6月「陸と千星 〜世界を配る少年と別荘の少女」

8月「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる2」

9月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件6」

10月「アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 上」「アルジャン・カレール 〜革命の英雄、或いは女王の菓子職人〜 下」

11月「親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。」

12月「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる3」

 

 

2015年

3月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件7」

4月「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる4」

6月「下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。」

7月「SとSの不埒な同盟1」

8月「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる5」

9月「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件8」

10月「SとSの不埒な同盟2」「晴追町には、ひまりさんがいる。はじまりの春は犬を連れた人妻と」

11月「楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?」

 

 

2016年

1月「楽園への清く正しき道程 1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド」

2月「吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる 〜Long Long Engage」

4月「晴追町には、ひまりさんがいる。恋と花火と図書館王子」

5月「楽園への清く正しき道程 庶民出身の国王様がまたご愛妾を迎えられるそうです」

9月「楽園への清く正しき道程 国王様と楽園の花嫁たち」