笹生 陽子


さそう ようこ


 


 


東京都生まれ。慶応義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業。1995年『ジャンボジェットの飛ぶ街で』が講談社児童文学新人賞佳作となる。1996年『ぼくらのサイテーの夏』でデビュー。同作品で第30回日本児童文学者協会新人賞、第26回児童文芸新人賞を受賞。2003年『楽園のつくりかた』で第50回産経児童出版文化賞を受賞。


 


 


1995年


「ジャンボジェットの飛ぶ街で」


 


 


1996年


6月「ぼくらのサイテーの夏


 


 


1999年


6月「きのう、火星に行った。」


 


 


2001年


12月「さよならワルガキング」


 


 


2002年


7月「楽園のつくりかた


 


 


2004年


7月「バラ色の怪物」「ぼくは悪党になりたい」


10月「サンネンイチゴ


 


 


2009年


5月「世界がぼくを笑っても」「今夜も宇宙の片隅で」


 


 


2010年


11月「家元探偵マスノくん」


 


 


2011年


6月「空色バトン」