本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

梨木香歩

梨木 香歩

なしき かほ

 

 

1959(昭和34)年生れ。小説に『西の魔女が死んだ』『丹生都比売(におつひめ)』『エンジェル エンジェル エンジェル』『裏庭』『からくりからくさ』『りかさん』『家守綺譚』『村田エフェンディ滞土録』『沼地のある森を抜けて』『ピスタチオ』『僕は、そして僕たちはどう生きるか』『雪と珊瑚と』『冬虫夏草』『海うそ』『岸辺のヤービ』など、またエッセイに『春になったら莓を摘みに』『ぐるりのこと』『渡りの足跡』『不思議な羅針盤』『エストニア紀行』『鳥と雲と薬草袋』などがある。

 

 

1994年

4月「西の魔女が死んだ

 

 

1995年

11月「丹生都比売」

 


1996年

1月「渡りの一日」

4月「エンジェル エンジェル エンジェル

11月「裏庭」

 

 

1999年

5月「からくりからくさ

12月「りかさん

 

 

2002年

10月「村田エフェンディ滞土録」

 

 

2003年

6月「ミケルの庭」

 

 

2004年

1月「家守綺譚」

 

 

2005年

8月「沼地のある森を抜けて」

 

 

2006年

12月「この庭に - 黒いミンクの話」

 


2009年

5月「f植物園の巣穴」

 

 

2010年

10月「ピスタチオ」

 

 

2011年

4月「僕は、そして僕たちはどう生きるか」

 

 

2012年

4月「雪と珊瑚と」

 

 

2013年

10月「冬虫夏草」

 

 

2014年

4月「海うそ」