川上 弘美


かわかみ ひろみ


 


 


1958(昭和33)年、東京都生まれ。お茶の水女子大学理学部卒業。94年、「神様」で第1回パスカル短篇文学新人賞を受賞。96年、「蛇を踏む」で第115回芥川賞を受賞。99年、『神様』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞、2000年、『溺レる』で伊藤整文学賞、女流文学賞を受賞。2001年、『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞を受賞。


 


 


1980年


「累累」


「双翅目」


 


 


1994年


「神様」


 


 


1995年


6月「婆」


 


 


1996年


3月「蛇を踏む」


8月「物語が、始まる」


 


 


1997年


9月「いとしい」


 


 


1998年


4月「椰子・椰子」


9月「神様」


 


 


1999年


7月センセイの鞄


8月「溺レる」


11月「あるようなないような」


 


 


2000年


11月「おめでとう」


 



 2001年


3月「なんとなくな日々」


6月「横倒し厳禁」「一実ちゃんのこと」


11月「ゆっくりさよならをとなえる」


 


 


2002年


4月「パレード」


6月「龍宮」


 


 


2003年


9月「光ってみえるもの、あれは」


11月「ニシノユキヒコの恋と冒険」


 


 


2004年


9月「ミナミさん」


11月「天頂より少し下って」


 


 


2005年


4月「古道具 中野商店」


5月「夜のドライブ」


9月「東京日記 卵一個ぶんのお祝い。」


10月「此処 彼処(ここ かしこ)」


 


 


2006年


4月「夜の公園」


6月「不本意だけど」


7月「ざらざら」


9月「ハヅキさんのこと」


10月「真鶴」


 


 


2007年


11月「東京日記2 ほかに踊りを知らない。」


 


 


2008年


4月「風花」


11月「どこから行っても遠い町」


 


 


2009年


9月「これでよろしくて?」


 


 


2010年


4月「パスタマシーンの幽霊」


10月「機嫌のいい犬」


 


 


2011年


1月「東京日記3 ナマズの幸運。」 


5月「天頂より少し下って」


9月「神様 2011」


 


 


2012年


5月「七夜物語」


 


 


2013年


2月「なめらかで熱くて甘苦しくて」


7月「晴れたり曇ったり」


10月「猫を拾いに」


 


 


2014年


2月「東京日記4 不良になりました。」 


9月「水声」


 


 


2016年


4月「大きな鳥にさらわれないよう」


6月「このあたりの人たち」


 


 


2017年


2月「ぼくの死体をよろしくたのむ」