川島 誠


かわしま まこと


 


 


1956年東京生まれ。京都大学文学部卒。83年「幸福とは撃ち終わったばかりのまだ熱い銃」でデビュー。『800』で初めて長編小説を書き、各誌から絶賛を受け、94年に映画化。『電話がなっている』(国土社)、『ロッカーズ』(マガジンハウス)など、生と性の本質にきりこむ文学を書きつづける。


 


 


1983年


「幸福とは撃ち終わったばかりのまだ熱い銃」


 


 


1985年


「電話がなっている」


 


 


1991年


「夏のこどもたち」


 


 


1992年


800


 


 


1994年


「もういちど走り出そう」


 


 


1996年


「しろいくまとくすのき」


 


 


2000年


「ロッカーズ」


 


 


2002年


「セカンド・ショット」


 


 


2003年


「ゲキトツ!」


 


 


2004年


「NR (ノーリターン)」


 


 


2006年


「海辺でLSD」


 


 


2010年
「ファイナル・ラップ」


 


 


2012年


「神様のみなしご」


 


 


2013年


「スタート・イン・ライフ」