有島 武郎


ありしま たけお


 


 


1910年


5月「二つの道」


10月「かんかん虫」


 


 


1911年


1月「或る女(或る女のグリンプス)」


 


 


1912年


4月「An Incident」


 


 


1914年


1月「お末の死」


8月「幻想」


 


 


1916年


8月「潮霧」


10月「『聖書』の権威」


 


 


1917年


7月「カインの末裔」


9月「クララの出家」


 


 


1918年


1月「小さき者へ」


2月「私の父と母」


3月「生れ出づる悩み」


 


 


1920年


6月「惜みなく愛は奪う」


8月「一房の葡萄


 


 


1921年


7月「溺れかけた兄妹」


8月「自然と人」


 


 


1922年


1月「宣言一つ」「広津氏に答う」


3月「片信」


5月「星座」「想片」


10月「小作人への告別」


 


 


1923年


3月「私有農場から共産農団へ」


4月「骨」


5月「狩太農場の解放」「親子」


6月「農民文化といふこと」


 


 


1926年


4月「燕と王子」


 


 


関連項目


作家別作品リスト:有島 武郎