小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

眉村卓

1961年

「下級アイディアマン」

 

 

1963年

『燃える傾斜』

 

 

1965年

「なぞの転校生」

「準B級市民」

 

 

1966年

「幻影の構成」

 

 

1968年

「万国博がやってくる」

「EXPO'87」

「天才はつくられる」

 

 

1969年

「わがセクソイド」

「テキュニット」

「ながいながい午睡 三一書房」

「虹は消えた」

 

 

1970年

「地球への遠い道」

「まぼろしのペンフレンド」

 

 

1971年

「時のオデュセウス」

『C席の客 ビジネスショートショート』

 

 

1973年

『ねらわれた学園』

「かれらの中の海」

「重力地獄」

 

 

1974年

「飢餓列島」

「サロンは終わった」

「ぼくの砂時計」

「司政官」

「産業士官候補生」

「ねじれた町」

「二十四時間の侵入者」

「あの真珠色の朝を…」

 

 

1975年

「変な男」

「奇妙な妻」

「還らざる城」

「地獄の才能」

「ワルのり旅行」

「還らざる空」

 

 

1976年

12月「異郷変化」

「出たとこまかせON AIR SFジョッキー」

「鳴りやすい鍵束」

 

 

1977年

2月「深夜放送のハプニング」 

4月「泣いたら死がくる」

5月「通りすぎた奴」

6月「思いあがりの夏」

8月「影の影」

9月「猛烈教師」

10月「枯れた時間」「閉ざされた時間割」

11月「白い小箱」

12月「ぎやまんと機械」

 

 

1978年

3月「ぬばたまの…」

6月「白い不等式」「六枚の切符」

 

 

1979年

4月「消滅の光輪」「午後の楽隊」

6月「滅びざるもの」

10月「かなたへの旅」

11月「おしゃべり迷路」

 


1980年

1月「つくられた明日」

3月「月光のさす場所」

4月『一分間だけ ショート・ショート』

11月「ぼくたちのポケット」「長い暁」

 

 

1981年

1月「二次会のあと」

5月「幻の季節」「遥かに照らせ」

6月「とらえられたスクールバス(前編)」「モーレツ教師」

7月「おしゃべり各駅停車」

9月「傾いた地平線」

12月『照りかげりの風景』

 

 

1982年

3月「疲れた社員たち」

7月「黄色い夢、青い夢」

10月『ポケットのABC ショート・ショート』『ポケットのXYZ ショート・ショート』

 

 

1983年

4月「逃げ姫」

12月「不器用な戦士たち」

 

 

1984年

2月『ふつうの家族 ショート・ショート』

5月「孔雀の街」

 

 

1985年

1月「ぼくらのロボット物語」

6月「最後のポケット」

12月「月光の底」

 

 

1986年

2月「それぞれの曲り角」

4月「夕焼けの回転木馬」

8月「迷宮物語」

12月「侵入を阻止せよ」

 

 

1987年

2月『職場、好きですか? 26のオフィス・ショートショート』

 

 

1988年

1月「強いられた変身」

2月「素顔の時間」

3月「引き潮のとき1」

7月「不定期エスパー1」

8月「里沙の日記」

11月「それぞれの遭遇」

 

 

1989年

7月「異世界分岐点 自選日常恐怖作品集」

10月「駅とその町 異色SF小説」

12月「頑張って、太郎さん」「こんにちは、花子さん」

 

 

1990年

6月「ライトグレーの部屋」

12月「出張の帰途」

 

 

1992年

3月「怪しい人びと」

4月「ワンダー・ティー・ルーム」

 

 

1993年

6月「乾いた家族」

10月「ゆるやかな家族」

12月「駅にいた蛸」

 

 

1994年

10月「虹の裏側」

 

 

1995年

9月「発想力獲得食」

11月『大阪の街角』

 

 

1998年

3月「精神集中剤」

5月「日がわり一話」

11月「カルタゴの運命」

 

 

2004年

5月『妻に捧げた1778話』

 

 

2006年

7月「いいかげんワールド」

9月「新・異世界分岐点」

 

 

2009年

7月『霧を行く』

 

 

2011年

「沈みゆく人」