小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

三島由紀夫

1938年

3月「酸模――秋彦の幼き思ひ出」「座禅物語」

7月「墓参り」「暁鐘聖歌」

 

 

1940年

3月「心のかゞやき」

6月「仔熊の話」

11月「彩絵硝子(だみえがらす)」

「神官」

 

 

1941年

9月「花ざかりの森」

 

 

1942年

2月「青垣山の物語」

7月「苧菟と瑪耶(おっとおとまや)」

11月「みのもの月」

12月「玉刻春」

 

 

1943年

3月「世々に残さん」

6月「祈りの日記」

12月「曼荼羅物語」

 

 

1944年

7月「朝倉」

8月「中世に於ける一殺人常習者の遺せる哲学的日記の抜萃(夜の車)」

 

 

1945年

2月「中世」

5月「エスガイの狩」

6月「黒島の王の物語の一場面」

10月「菖蒲前」

 

 

1946年

6月「贋ドン・ファン記」「煙草」

11月「岬にての物語」

 

 

1947年

3月「恋と別離と」

4月「軽王子と衣通姫」

8月「鴉」「夜の仕度」

12月「盗賊」「ラウドスピーカー」「春子」

 

 

1948年

1月「サーカス」「婦徳」「接吻」「伝説」「白鳥」「哲学」

2月「蝶々(晴れた日に)」

4月「殉教」「親切な男」「家族合せ」

6月「頭文字」「慈善」「宝石売買」

7月「罪びと」「好色」

10月「不実な洋傘」

11月「山羊の首」

12月「獅子」

 

 

1949年

1月「幸福といふ病気の療法」「恋重荷」「毒薬の社会的効用について」「大臣」

2月「魔群の通過」

3月「侍童」

6月「天国に結ぶ恋」

7月『仮面の告白』「訃音」

9月「舞台稽古」「星」

10月「薔薇」「退屈な旅」

11月「親切な機械」「孝経」「火山の休暇」

12月「怪物」

 

 

1950年

1月「純白の夜」「花山院」「果実」「鴛鴦」

3月「修学旅行」

6月『愛の渇き』

7月「青の時代」「日曜日」

8月「遠乗会」「孤閨悶々」

9月「日食」

10月「食道楽」

12月「牝犬」

 

 

1951年

1月「禁色」「女流立志伝」「家庭裁判」

3月「偉大な姉妹」「箱根細工」「椅子」

4月「死の島」

5月「翼――ゴーティエ風の物語」「右領収仕候」

6月「手長姫」

8月「夏子の冒険」「朝顔」

10月「携帯用」

12月「離宮の松」

 

 

1952年

1月「クロスワード・パズル」「学生歌舞伎気質」「近世姑気質」

9月「金魚と奥様」

10月「真夏の死」

11月「につぽん製」「二人の老嬢」

12月「美神」

 

 

1953年

4月「江口初女覚書」「雛の宿」

6月「旅の墓碑銘」「急停車」「卵」

7月「不満な女たち」

8月「恋の都」

9月「花火」

10月「ラディゲの死」「陽気な恋人」

 

 

1954年

6月『潮騒』「博覧会」「芸術狐」

7月「鍵のかかる部屋」「復讐」

8月「女神」「詩を書く少年」

10月「志賀寺上人の恋」

11月「水音」「S・O・S」

 

 

1955年

1月「沈める滝」「海と夕焼」

3月「新聞紙」

4月「商ひ人」「山の魂」

5月「屋根を歩む」

6月「幸福号出帆」

7月「牡丹」

 

 

1956年

1月「金閣寺」「永すぎた春」「青いどてら」

3月「十九歳」

7月「足の星座」

10月「施餓鬼舟」

12月「橋づくし」

 

 

1957年

1月「女方」

4月「美徳のよろめき」

7月「色好みの宮」

8月「貴顕」

 

 

1959年

9月『鏡子の家』

11月「影」

 

 

1960年

1月「宴のあと」「お嬢さん」

9月「百万円煎餅」

10月「愛の処刑」

11月「スタア」

 

 

1961年

1月「憂国」

6月「獣の戯れ」

9月「苺」

 

 

1962年

1月「愛の疾走」「美しい星」「帽子の花」「魔法瓶」

8月「月」

 

 

1963年

1月「肉体の学校」「葡萄パン」「真珠」「自動車」

3月「可哀さうなパパ」

8月「雨のなかの噴水」「切符」

9月『午後の曳航』

10月「剣」

 

 

1964年

1月「音楽」「絹と明察」

 

 

1965年

1月「月澹荘綺譚」「三熊野詣」

2月「孔雀」

6月「朝の純愛」

9月「春の雪〈豊饒の海・第一巻〉」

 

 

1966年

1月「複雑な彼」「仲間」

6月「英霊の聲」

9月「三島由紀夫レター教室」「夜会服」

10月「荒野より」

 

 

1967年

1月「時計」

2月「奔馬〈豊饒の海・第二巻〉」

 

 

1968年

5月「命売ります」

9月「暁の寺〈豊饒の海・第三巻〉」

 

 

1969年

11月「蘭陵王」

 

 

1970年

7月「天人五衰〈豊饒の海・第四巻〉」

 

 

1974年

10月「人間喜劇*1

 

 

2000年

11月「檜扇*2

*1:執筆は1948年4月

*2:執筆は1944年1月