小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

安部公房

1948年

「終りし道の標べに」

 

 

1950年

10月「事業」

12月「赤い繭」「洪水」「魔法のチョーク」

 

 

1951年

2月「壁―S・カルマ氏の犯罪

5月「バベルの塔の狸」

11月「闖入者」

 

 

1952年

6月「水中都市」

「飢えた皮膚」 

 

 

1953年

3月「R62号の発明」

 

 

1954年

「飢餓同盟」

  

 

1957年

「けものたちは故郷をめざす」

 

 

1958年

7月「第四間氷期」

8月「幽霊はここにいる」

 

 

1960年

「石の眼」

 

 

1962年

6月『砂の女』

 

 

1964年

1月「榎本武揚」「他人の顔」

「無関係な死」

 

 

1966年

1月「カーブの向う」

9月「人間そっくり」

 

 

1967年

3月「友達」

9月『燃えつきた地図』

 

 

1968年

「夢の逃亡」

 

 

1969年

1月「鞄」

8月「棒になった男」

9月「時の崖」

 

 

1971年

9月『未必の故意』

 

 

1973年

3月『箱男』

5月『愛の眼鏡は色ガラス』

 

 

1974年

10月『緑色のストッキング』

 

 

1977年

12月『密会』

 

 

1984年

11月『方舟さくら丸』

 

 

1988年

「ユープケッチャ」

 

 

1991年

11月『カンガルー・ノート』

 

 

1994年

「飛ぶ男」