小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

安岡章太郎

1953年

『悪い仲間』

 

 

1955年

『青馬館』

 

 

1956年

『ガラスの靴・愛玩』

 

 

1957年

『青い貝殻』

『肥った女』

『遁走』

 

 

1958年

『結婚恐怖症』

『舌出し天使』

『二つの顔』

 

 

1959年

『青葉しげれる』

『海辺の光景』

 

 

1960年

『ああ女難』

 

 

 1961年

『やって来た連中』

『いざこざ手帳』

 

 

1962年

『アメリカ感情旅行』

『花祭』

 

 

1963年

『奴隷の教訓』

『質屋の女房』

『ちえかします』

 

 

1964年

『ソビエト感情旅行』

『映画の感情教育』

 

 

1966年

『利根川』

『良友・悪友』

『思想音痴の発想』

『ああいえばこういう 感情的文明論』

 

 

1967年

『幕が下りてから』

『不精の悪魔』

 

 

1968年

『軟骨の精神』

『志賀直哉私論』

 

 

1969年

『犬をえらばば』

『もぐらの言葉』

『アメリカ夏象冬記』

 

 

1970年

『小説家の小説論』

『感性の骨格』

 

 

1971年

『サルが木から下りるとき』

 

 

1972年

『セメント時代の思想』

『月は東に』

 

 

1973年

『自叙伝旅行』

『走れトマホーク』

『もぐらの手袋』

『やせがまんの思想』

『へそまがりの思想』

『なまけものの思想』

 

 

1975年

『人生の隣』

『ドン・キホーテと軍神』

『私説聊斎志異』

『とちりの虫』

『驢馬の学校』

 

 

1976年

『自選作家の旅』

『快楽その日その日』

『ヨーロッパやきもの旅行』

 

 

1977年

『アメリカ人の血と気質』

 

 

1978年

『絵のある日常』

『方言の感傷 現代の随想』

 

 

1979年

『放屁抄』

 

 

 1980年

『水の神様』

『ウィタ・フンニョアリス』

 

 

1981年

『犬と歩けば』

『流離譚』

 

 

1984年

『言葉のなかの旅』

『街道の温もり』

『僕の昭和史』

『大世紀末サーカス』

 

 

1985年

『僕の東京地図』

 

 

1989年

『歳々年々』

 

 

1990年

『酒屋へ三里、豆腐屋へ二里』

『活動小屋のある風景』

 

 

1991年

『夕陽の河岸』

『父の酒』

 

 

1995年

『果てもない道中記』

『歴史への感情旅行』

 

 

1996年

『まぼろしの川 私の履歴書』

 

 

 1998年

『でこぼこの名月』

『死との対面 瞬間を生きる』

『愛犬物語』

 

 

1999年

『私の濹東綺譚』

『わたしの20世紀』

『忘れがたみ』

 

 

2000年

『戦後文学放浪記』

『鏡川』

『風のすがた』

 

 

2002年

『慈雨』

 

 

 2003年

『天上大風』

『晴れた空 曇った顔 私の文学散歩』

 

 

2004年

『雁行集』

 

 

 2005年

『観自在』

 

 

 2006年

『カーライルの家』

 

 

2013年

『文士の友情 吉行淳之介の事など』

『歴史の温もり-安岡章太郎歴史文集』