本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

安岡章太郎

安岡 章太郎

やすおか しょうたろう

 

 

1941年

「首斬り話」

 

 

1948年

「意匠と冒険」

 

 

1951年

6月「ガラスの靴」

10月「ジングルベル」

 

 

1952年

2月「宿題」

11月「愛玩」

 

 

1953年

2月「蛾」

3月「ハウスガード」

4月「陰気な愉しみ」

6月「悪い仲間

7月「剣舞」

8月「勲章」

12月「麦藁帽子の頃」

 

 

1954年

2月「サアヴィス大隊要員」

4月「吟遊詩人」「家庭」

6月「旅愁」「贈物」

7月「王様の耳」「毛」

10月「体温計」

11月「うらない師」

12月「科学的人間」

 

 

1955年

1月「夢見る女」「秘密」

3月「青馬館」

4月「青髭」

5月「マルタの嘆き」「美神と少年」「青い韮」

7月「故郷」

8月「キリザンショ」「美人競争」

10月「サアカスの馬」

12月「気の病める衣装」

 

  

1956年

1月「トリと豪蔵」

2月「肥った女」

4月「観覧車」「松の木のある町で」

5月「遁走」

6月「装身具」「日本コレヒドール島記」

7月「驢馬の声」「暗い部屋」

8月「職業の秘密」「銃」「泣き笑い日曜日」

9月「青い貝殻」

12月「黄塵」「ロマノフ朝の宴会」「猥褻な飲料」「薔薇の女」

 

 

1957年

1月「D町のにおい」

2月「罠」

5月「もぐらの手袋」

6月「女と合気道」

9月「聾些事記」

10月「顔の責任」

12月「恐怖の舞踏会」

 

 

1958年

1月「モレザーコフ君の変身」

2月「怪奇の友情」

3月「浴室殺人顛末記」「二つの顔」

4月「舌出し天使」

6月「幽霊は何処にいる」

7月「微笑」

9月「相思相愛」

10月「青葉しげれる」

 

 

1959年

1月「美しい瞳」「鼻の中の目覚時計」

2月「ウソノの話」「緑色の豚」

4月「みじめな旅行者たち」

6月「相も変わらず」

7月「旅へのいざない」「暗いランデ・ブウ」

8月「雨」「可愛い男」

11月「海辺の光景」

12月「河豚」

 

 

1960年

1月「ああ女難」

2月「いざこざ手帖」「子供の部屋」

3月「廃屋の顛末」「丘の上のホテル」

4月「餓」「やって来た連中」

5月「質屋の女房」

7月「幹侯志願」

8月「われらの隣人」

10月「革の臭い」

12月「逃げる男」

 

 

1961年

1月「時計の話」

8月「家族団欒図」

9月「せつない思い」「私のアメリカ紀行」

10月「裏庭」

 

 

1962年

5月「れんさい・ちえかします」 

7月「皇子ピカールの恋人たち」

11月「映画随想」

 

 

1963年

2月「焼き栗とアスパラガスの街」

4月「寝顔」

6月「蜜月旅行の孤独」

 

 

1964年

1月「野の声」「猫の庭」

4月『ソヴエト感情旅行』

5月「野心的文明論」

10月「吉行淳之介」

 

 

1965年

2月「良友・悪友」

7月「埋まる谷間」

8月「風土記・利根川」

 

 

1966年

1月「ああいえばこういう」

5月『思想音痴の発想』

 

 

1967年

3月「幕が下りてから」

4月「志賀直哉論」

10月「志賀直哉論」

 

 

1968年

1月「犬をえらばば」「ソウタと犬と」

4月「テーブル・スピーチ」

5月「オキナワ病について」

11月「丸岡明氏のこと」

12月「雲の中の革命劇(ルポ東大紛争)」「幻想の”自治”によりかかって…」「文芸時評」

 

 

1969年

1月「木の上の生活」

2月「アメリカ夏想冬記」

4月「音のうしろに何かがあれば」

8月「ブリストヴィルの午後」「私の黄禍論」

11月『大逃走論』

 

 

1970年

1月「聊斎私異」「メーデー判決に思う」

3月『感性の骨格』

9月「魂の鍛冶屋リヒテル」「サルが木から下りるとき」

10月「月は東に」『小説家の小説論』

 

 

1971年

1月「自叙伝旅行」

2月「強い言葉」

7月「ゴリラと私」

10月「複雑怪奇」「志賀先生の遺言」

11月「私の新体制」「殉死と脚絆とり競争」

 

 

1972年

1月「走れトマ・ホーク」

2月「球の行方」「独断偏見録」

5月「セメント時代の思想」

6月「ひとり遊び」

7月「私の戦中史」「流域紀行・隅田川」

8月「おのが身の闇」

10月「耳朶を打つ言葉-北原武夫『文学論集』-」

 

 

1973年

3月「瀑布」

4月「読めない言葉」

8月「ケベックの雨」

9月「私説・聊斎志異」

10月『もぐらの手袋』

 

 

1974年

1月「一頁時評」

2月「ぼくの老婆心」

3月「小野田さんの帰国に思う」

4月「ソルジェニーツィンを考える」

5月「歴史小説について」

6月「小説の未来」

9月「ペンクラブと”自由”」

11月「五木野坂君ら『ペン・ゲリラ』に与う」

12月「志賀直哉宛書簡について」『戦争と青春』

 

 

1975年

1月「言論の自由について」「ネイヴィアン・イズ・オネスト」

2月「犬の愛情」「小説と衣装」『われわれはなぜ書くか』

3月「地中海やきもの旅行」「快楽その日その日」

4月「井戸の底から」『ドン・キホーテと軍神』

8月「コルクの栓と固い壜」

9月「外国語教育論争に思うこと」

11月「私の見たルオー」

 

 

1976年

1月「ピクニックの憂鬱」「夜半の波音」

3月「流離譚」

7月「セーヌの水はあまりに遠し」

12月「予想もつかぬもの」

 

 

1977年

1月「シラケ選挙こそ民主主義」『作家はどう発言するか』

2月「安政地震」

4月「過去」「日常性と存在」

6月「放屁抄」

8月「文学と生きること」

9月『アメリカ人の血と気質』

11月「小林さんと宣長」

12月「私の一九七七年」

 

 

1978年

6月「平野さんの時評」

7月『古寺巡礼・京都』

11月『絵のある日常』『方言の感傷』

12月「シャトー・フィジャックの葡萄酒」

 

 

1979年

1月「日記」

3月「「離島」にて」「感情的漢字論

8月「遥かなるイリノイ」「本と時代とわたくしと」

11月「ひとなぜ怒りを謳う」

 

 

 1980年

3月「佐伯祐三のパリ」

4月「犬と歩けば」

10月『水の神様』

 

 

1981年

1月「朽ち惜しさということ」

7月「街道の温もり」

 

 

1984年

「言葉のなかの旅」

「僕の昭和史」

「大世紀末サーカス」

 

 

1985年

「僕の東京地図」

 

 

1989年

「歳々年々」

 

 

1990年

「酒屋へ三里、豆腐屋へ二里」

「活動小屋のある風景」

 

 

1991年

「夕陽の河岸」

「父の酒」

 

 

1995年

「果てもない道中記」

「歴史への感情旅行」

 

 

1996年

「まぼろしの川 私の履歴書」

 

 

 1998年

「でこぼこの名月」

「死との対面 瞬間を生きる」

「愛犬物語」

 

 

1999年

「私の濹東綺譚」

「わたしの20世紀」

「忘れがたみ」

 

 

2000年

「戦後文学放浪記」

「鏡川」

「風のすがた」

 

 

2002年

「慈雨」

 

 

 2003年

「天上大風」

「晴れた空 曇った顔 私の文学散歩」

 

 

2004年

「雁行集」

 

 

 2005年

「観自在」

 

 

 2006年

「カーライルの家」

 

 

2013年

「文士の友情 吉行淳之介の事など」

「歴史の温もり-安岡章太郎歴史文集」