小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

大岡昇平

1949年

『俘虜記』

 

 

1950年

『サンホセの聖母』

『武蔵野夫人』

 

 

1951年

『来宮心中』

『妻』

「野火」

 

 

1952年

『母』

『詩と小説の間』

 

 

1953年

『わが師わが友』

 

 

1954年

『化粧』

 

 

1955年

『酸素』

『振分け髪』

 

 

1956年

『ザルツブルクの小枝』

 

 

1957年

『雌花』

 

 

1958年

『作家の日記』

『朝の歌 中原中也伝』

 

 

1960年

『夜の触手』

『扉のかげの男』

『真昼の歩行者』

 

 

1961年

『アマチュアゴルフ』

『花影』

「事件」

 

 

1962年

『常識的文学論』

『逆杉』

『現代小説作法』

『文壇論争術』

『歌と死と空』

 

 

1963年

『文学的ソヴィエト紀行』

 

 

1966年

『将門記』

 

 

1967年

『遥かなる団地』

『在りし日の歌』 

 

 

1969年

『昭和文学への証言』

『ミンドロ島ふたたび』

 

 

1970年

『愛について』

 

 

1971年

『母六夜』

『レイテ戦記』

 

 

1972年

『コルシカ紀行』

『私自身への証言』

『凍った炎』

 

 

1973年 

『幼年』 

『萌野』

『作家と作品の間』

『わがスタンダール』

 

 

1974年

『中原中也』

『天誅組』

『歴史小説の問題』

『富永太郎』

 

 

1975年

『富永太郎と中原中也』

『少年』

 

 

1976年

『文学における虚と実』

『わが美的洗脳』

『桜と銀杏』

『ゴルフ酒旅』

 

 

1977年

『ある補充兵の戦い』

 

 

1978年

『戦争』

『無罪』

 

 

1979年

『雲の肖像』

『最初の目撃者』

 

 

1980年

『ハムレット日記』

「成城だより」

 

 

1981年

『青い光』

 

 

1982年

『ながい旅』

『生と歌 中原中也その後』

 

 

1984年

『姦通の記号学』

『ルイズ・ブルックスと「ルル」』

 

 

1987年

『証言その時々』