小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

インノサン少年十字軍 上 /古屋兎丸

・形式

漫画、ストーリー、中世、ヨーロッパ、歴史

 


・あらすじ

この名もなき少年たちが、歴史に名を残すことになる───。

1212年の春、フランス北部の田舎町。ごく普通の羊飼いとして生活していた少年エティ

エンヌは、ある日草原で不思議な喇叭の音を耳にする。行ってみると森の中に一通の手

紙と美しい細工が施された一個の喇叭が落ちていた。手紙の送り主は・・・イエス・キリ

スト。十字架上の救世主を幻視したエティエンヌは髪と目の色が変わり、町を襲った盗

賊を退ける奇跡を起こす。彼に感化された親友・ニコラを始めとする12人の仲間と共

に、エティエンヌは「少年十字軍」を結成し、エルサレムを目指して旅立つことを決心

する。希望に胸躍らせ行進する彼らに、次々と襲いかかる過酷な試練。だが彼らの穢れ

なき瞳は、遥か彼方の聖地、エルサレムを見据えていた・・・・・・。

神の声に従い、エルサレムに向かうことを決意したエティエンヌと様々な思惑から彼と

行動を共にし「少年十字軍」として活躍する少年達の物語。

 


・収録話数

第1話~第8話

 


・初出

マンガ・エロティクス・エフ、2007年vol.48~2008年vol.53

 


・読了日

2017年6月6日

 


・読了媒体

インノサン少年十字軍 上巻 (Fx COMICS)

 


・感想メモ

ネタバレ有以下反転。

 

12人の子どもたちがエルサレムを目指して少年十字軍として旅立つのだが、元々一枚岩とは言い難い中、旅先での振る舞いの違いや対立から不穏な空気が漂っている。上巻なので崩壊の種を蒔いておくくらいかなと思ったら、もうすでに対立→崩壊の流れは決定事項みたいだった。現実の少年十字軍も失敗してしまったらしいので、モデル通りと言えばそうなんだろう。元々の十字軍も成功したとは言えないし…。(2017.09.01)