本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ

現在試運転中です。

マリオ・バルガス=リョサ

ホルヘ・マリオ・ペドロ・バルガス=リョサ

Jorge Mario Pedro Vargas Llosa

 

 

1959年

『ボスたち(Los cachorros)』

 

 

1963年

『都会と犬ども(La ciudad y los perros)』

 

 

1966年

緑の家(La casa verde)

 

 

1967年

「小犬たち(Los cachorros)」

 

 

1969年

『ラ・カテドラルでの対話(Conversación en La Catedral)』

 

 

1971年

『疎外と叛逆 ガルシア・マルケスとバルガス・ジョサの対話(García Márquez: historia de un deicidio)』

 

 

1973年

『パンタレオン大尉と女たち(Pantaleón y las visitadoras)』

 

 

1975年

『果てしなき饗宴 フロベールと「ボヴァリー夫人」(La orgía perpetua: Flaubert y "Madame Bovary")』

 

 

1977年

『フリアとシナリオライター(La tía Julia y del escribidor)』

 

 

1981年

『世界終末戦争(La guerra del fin del mundo)』

 

 

1983年

「Contra viento y marea 1」

 


1984年
「マイタの物語(Historia de Mayta)」

 

 

1986年

『誰がパロミノ・モレーロを殺したか(¿Quién mató a Palomino Molero?)』

「Contra viento y marea 2」

 

 

1987年

『密林の語り部(El hablador)』

 

 

1988年

『継母礼賛(Elogio de la madrastra)』

 

 

1990年

『嘘から出たまこと(La verdad de las mentiras: ensayos sobre la novela moderna)』

「Contra viento y marea 3」

 

 

1993年

『アンデスのリトゥーマ(Lituma en los Andes)』

『水を得た魚 バルガス・ジョサ自伝(El pez en el agua. Memorias)』

 

 

1996年

「La utopía arcaica: José María Arguedas y las ficciones del indigenismo」

 

 

1997年

『官能の夢 ドン・リゴベルトの手帖(Los cuadernos de don Rigoberto)』

『若い小説家に宛てた手紙(Cartas a un joven novelista)』

 

 

2000年

『チボの狂宴(La Fiesta del Chivo)』

 

 

2001年

「El lenguaje de la pasión」

 


2003年

『楽園への道(El Paraíso en la otra esquina)』

 

 

2004年

「La tentación de lo imposible|La tentación de lo imposible」

 

 

2006年

『悪い娘の悪戯(Travesuras de la niña mala)』

 

 

2007年

「El Pregón de Sevilla」

 

 

2009年

「El Viaje a la Ficcion」

 

 

2010年

『つつましい英雄(El sueño del celta)』

 

 

関連項目

Mario Vargas LLosa