小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

バルガス・リョサ

1959年

「ボスたち」

 

 

1963年

『都会と犬ども』

 

 

1966年

緑の家

 

 

1967年

「小犬たち」

 

 

1969年

『ラ・カテドラルでの対話』

 

 

1973年

『パンタレオン大尉と女たち』

 

 

1977年

『フリアとシナリオライター』

 

 

1981年

『世界終末戦争』

 


1984年
「Historia de Mayta」

 

 

1986年

『誰がパロミノ・モレーロを殺したか』

 

 

1987年

『密林の語り部』

 

 

1988年

『継母礼賛』

 

 

1993年

『アンデスのリトゥーマ』

 

 

1997年

『官能の夢 ドン・リゴベルトの手帖』

 

 

2000年

『チボの狂宴』

 


2003年

『楽園への道』

 

 

2006年

『悪い娘の悪戯』

 

 

2010年

『つつましい英雄』