小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

火山 /大江健三郎

・形式

小説、短篇

 

 

・あらすじ

ユマニスト党の党員である女子学生L子が自殺、その後僕はS火山へと向かい、そこでMなる新物質が火山一帯に存在しているという話を知ることになる。外国兵士団という団体が、新物質Mの調査のために火山を人工噴火させようとしているが、農民たちはその目論みを阻止しようとしている。仔山羊や義足の少女が登場。僕は、L子に対しても農民に対しても同じように傍観者である自分を恥じる。

 

 

・初出

学園1955年9月

 

 

・受賞歴、ランキング

第一回銀杏並木賞

 

 

・読了日

 

 

・読了媒体

 

 

・感想メモ