小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

サイレンススズカ物語 地上で見た夢 /安西美穂子

・形式

ノンフィクション、競馬

 

 

・あらすじ

多くの人を魅了してきたサイレンススズカ。彼との別れは突然やってきた。サイレンススズカはどんな人と出会い、どんな人とともに過ごしたのか。最も近くにいた人たちの証言をもとに、伝説馬・サイレンススズカの素顔に迫る。

 


・読了日

2017年6月22日

 


・読了媒体

サイレンススズカ物語―地上で見た夢(イースト・プレス)

 


・感想メモ

関係者から「チビ」や「ワキ(ちゃん)」と呼ばれているあたりで、目頭が熱くなった。(2017.06.22)

 

とくにG1宝塚記念のときの描写、自分の世話した馬がついにG1を勝ってしまったのだ!どんなに嬉しかっただろう。サイレンススズカが安楽死処分になってしまってからそう日を経たずして書かれているためか、サイレンススズカに対して好意を寄せすぎている入れ込んでいる描写が目立つが、しかし当時を知っている、なおさらスズカのファンならばその気持ちは痛いほどわかるだろう。(2017.08.27)