小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

最後の命 /中村文則

・形式

小説、長篇

 


・収録話数

全三部

 


・初出

群像、2007年2月号

 


・読了日

2017年6月14日

 


・読了媒体

最後の命(講談社文庫)

 


・感想メモ

 ※以下ネタバレ有のため反転。

読みながら村上春樹の『国境の南、太陽の西』を想起香里に関するシーン、とりわけ主人公が病院に行ってオレンジの服の女を見るだけで香里に会わずに帰ってしまうシーン(p145)など、香里が『国境の南~』のある登場人物と同じように幽霊的に感じられて仕方がなかった。深読みしすぎかなと読了し、その後読者メーターに登録するためにタイトルを確認したら「最後の命」だったので驚いた。香里が幽霊だとしたら、主人公以外の名前のある登場人物はみんな亡くなってしまったことになるからだ。 ならば『遮光』と共通点もあるが、読み過ぎ?(2017.06.14)