小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

火 /中村文則

・形式

小説、短篇

 

 

・あらすじ

 


・初出

新潮、2007年9月号

 


・読了日

2017年5月31日

 


・読了媒体

銃(河出文庫)

 


・感想メモ

女性の語りのみで書かれた実験的な小説であり、ト書きが存在しない。語りのみでということはそれだけで世界観、舞台、人物、状況等を説明しなければならないし難しいこともあるが、現実社会にト書きは存在せず、とりわけ会話をしている場面では会話しかない。深刻な語りをしている作中の状況では、語りだけで緊張感を出してみたいという意欲的な作品か。(2017.08.26)