小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

悪と仮面のルール /中村文則

悪と仮面のルール (講談社文庫)

悪と仮面のルール (講談社文庫)

 

・形式

小説、長篇、悪

 

 

・あらすじ

祝!日本人初「デイヴィッド・グディス賞」受賞!
「The Wall Street Journal」2013年ミステリーベスト10選出!
いま最もアメリカで注目されている日本人作家、中村文則の注目作。

邪の家系を断ちきり、少女を守るために。少年は父の殺害を決意する。大人になった彼は、顔を変え、他人の身分を手に入れて、再び動き出す。すべては彼女の幸せだけを願って。同じ頃街ではテロ組織による連続殺人事件が発生していた。そして彼の前に過去の事件を追う刑事が現れる。本質的な悪、その連鎖とは。
米国「The Wall Street Journal」2013ミステリーベスト10にも選出された本作は、米国ホラー作家協会( HWA)の「ブラム・ストーカー賞」にも初ノミネートされた注目作。
著者の中村文則は、米国でノワール小説の分野に貢献した作家に贈られる「デイヴィッド・グディス賞」も受賞し、日本国内外で評価が集まっている。


邪の家系を断ちきり、少女を守るために。少年は父の殺害を決意する。大人になった彼は、顔を変え、他人の身分を手に入れて、再び動き出す。すべては彼女の幸せだけを願って。同じ頃街ではテロ組織による連続殺人事件が発生していた。そして彼の前に過去の事件を追う刑事が現れる。本質的な悪、その連鎖とは。

 


・収録話数

全四部

 


・初出

書き下ろし

 


・受賞歴、ランキング

Wall Street Journal The 10 Best Mysteries of 2013

 


・読了日

2017年6月18日

 


・読了媒体

悪と仮面のルール (講談社文庫)

 


・感想メモ

車の中で香織は新谷の正体に気が付いたのか?また香織と『最後の命』の香里との間に関連性はあるのか?初期作品と比べて、悪は強大で濃密になっているが、一方で希望も大きくなっているように感じられ、一読者として安心感を抱いた。間違いなく恋愛小説だった。ずいぶんと素直じゃない恋愛小説だった。(2017.06.18)