小説とか漫画とか映画とか創作とか日記とか

小説(海外)

変身(新潮文庫) /フランツ・カフカ

変身 (新潮文庫) posted with ヨメレバ フランツ・カフカ 新潮社 1952-07-28 Amazon Kindle 楽天ブックス ・形式 小説、中篇 ・あらすじ ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ…

フィリップ・クローデル

2003年 『灰色の魂』 2005年 『リンさんの小さな子』 2009年 『ブロデックの報告書』

ヘルタ・ミュラー

1982年 「澱み」 1984年 「抑圧のタンゴ」 1987年 「裸足の二」 1992年 「狙われたキツネ」 1994年 「心獣」 1995年 「飢餓とシルク」 2009年 「息のブランコ」

レイモンド・カーヴァー

1968年 「Near Klamath」 1970年 4月「Winter Insomnia」 1976年 2月「At Night the Salmon Move」 3月「頼むから静かにしてくれ」 1977年 11月「怒りの季節」 1981年 4月「愛について語るときに我々の語ること」 1983年 4月「ファイアズ (炎)」 9月「大聖堂…

トマス・ピンチョン

1960年 「エントロピー」 1963年 『V.』 1966年 『競売ナンバー49の叫び』 1973年 『重力の虹』 1984年 『スロー・ラーナー』 1990年 『ヴァインランド』 1997年 『メイスン&ディクスン』 2006年 『逆光』 2009年 『LAヴァイス』 2013年 「Bleeding Edge」

リチャード・ブローティガン

1964年 「ビッグ・サーの南軍将軍」 1967年 10月「アメリカの鱒釣り」 1968年 6月「西瓜糖の日々」 1971年 3月「愛のゆくえ」 10月「芝生の復讐」 1974年 9月「ホークライン家の怪物」 1975年 9月「鳥の神殿」 1976年 「ソンブレロ落下す―ある日本小説」 197…

ミラン・クンデラ

ガブリエル・ガルシア=マルケス

1955年 「短編集 落葉」 1961年 「大佐に手紙は来ない」 1962年 「青い犬の目」 「悪い時」 「ママ・グランデの葬儀」 1967年 「百年の孤独」 1970年 「ある遭難者の物語」 1975年 「族長の秋」 1978年 「エレンディラ」 1981年 「予告された殺人の記録」 19…

カート・ヴォネガット

1952年 「プレイヤー・ピアノ」 1959年 「タイタンの妖女」 1961年 「母なる夜」 1963年 「猫のゆりかご」 1965年 「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」 1969年 「スローターハウス5」 1973年 「チャンピオンたちの朝食」 1976年 「スラップステ…

ジャック・ケルアック

1945年 『そしてカバたちはタンクで茹で死に』 1950年 「The Town and the City」 1951年 「Visions of Cody」 1952年 「Doctor Sax」 1953年 「Maggie Cassidy」 『地下街の人びと』 1955年 「Mexico City Blues」 『トリステッサ』 1956年 「Visions of Ge…

J・D・サリンジャー

1940年 「The Young Folks」 「Go See Eddie」 1941年 「The Hang of It」 「The Heart of a Broken Story」 「"Mrs. Hincher" or "Paula"」 1942年 「The Long Debut of Lois Taggett」 「Personal Notes on an Infantryman」 1943年 「The Varioni Brother…

フリオ・コルタサル

1938年 「Presencia」 1945年 『対岸』 1951年 「Bestiario」 1956年 『遊戯の終り』 1959年 『秘密の武器』 1960年 「Los premios」 1962年 「Historias de cronopios y famas」 1963年 『石蹴り遊び』 1966年 『すべての火は火』 1967年 「La vuelta al dí…

アルベール・カミュ

1936年 『キリスト教形而上学とネオプラトニズム』 『アストゥリアスの反乱』 「幸福な死」 1937年 『裏と表』 1939年 『結婚』 1942年 『シーシュポスの神話』 『異邦人』 1943年 『ドイツ人の友への手紙』 1944年 『カリギュラ』 『誤解』 1947年 『ペスト…

ロバート・A・ハインライン

1938年 「For Us, the living」 1940年 「鎮魂曲」 1941年 「宇宙に落ちた男」 「金星植民地」 「犬の散歩も引き受けます」 「帝国の論理」 1944年 「適格者」 1947年 「宇宙船ガリレオ号」 「宇宙パイロット」 「故郷」 「地球の緑の丘」 「デリラと宇宙野…

ジャン=ポール・サルトル

1936年 『想像力』 1937年 『自我の超越』 『壁』 1938年 『エロストラート』 『水いらず』 『部屋』 『一指導者の幼年時代』 『嘔吐』 1939年 『情緒論素描』 1940年 『想像力の問題』 1943年 『存在と無』 1945年 『自由への道』 1946年 『ユダヤ人』 『実…

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

1929年 6月「南方郵便機」 1931年 10月「夜間飛行」 1939年 3月「人間の土地」 1942年 「戦う操縦士」 1943年 2月「ある人質への手紙」 4月「星の王子さま」

ホルヘ・ルイス・ボルヘス

1923年 「ブエノスアイレスの熱狂」 1925年 「正面の月」 「審問」 「無限の言語 初期評論集」 1929年 「サン・マルティンの手帳」 1930年 「エバリスト・カリエゴ」 1935年 「汚辱の世界史」 1936年 「永遠の歴史」 1942年 「ドン・イシドロ・パロディの六…

アーネスト・ヘミングウェイ

1923年 「北ミシガンで」 「ぼくの父」 「季節はずれ」 1924年 「インディアンの村」 「医師とその妻」 「ある訣別」 「三日吹く風」 「ファイター」 「ごく短い物語」 「兵士の故郷」 「革命家」 「エリオット夫妻」 「雨のなかの猫」 「季節はずれ」 「ク…

エーリッヒ・ケストナー

1929年 『エーミールと探偵たち』 1931年 『点子ちゃんとアントン』 『ファービアン』 1932年 『五月三十五日』 1933年 『飛ぶ教室』 1935年 『エーミールと三人のふたご』 1949年 『ふたりのロッテ』

ヴァージニア・ウルフ

1915年 『船出』 1919年 『夜と昼』 1922年 『ジェイコブの部屋』 1925年 『ダロウェイ夫人』 1927年 5月『灯台へ』 1928年 『オーランドー』 1929年 『自分自身の部屋』 1930年 『病むことについて』 1931年 『波』 1933年 『フラッシュ』 1937年 『歳月』 …

フョードル・ドストエフスキー

1841年 『マリヤ・ステュアルト』 『ボリス・ゴドゥノフ』 『ユダヤ人ヤンケリ』 1846年 『貧しき人びと』 「分身」 『プロハルチン氏』 『剃り落とされた頬髯』 『廃止された役所の話』 1847年 『九通の手紙にもられた小説』 『ペテルブルグ年代記』 『家主…

イワン・ツルゲーネフ

1843年 『パラーシャ』 1847年 「猟人日記」 1850年 『余計者の日記』 1854年 『ムムー』 1856年 『ルージン』 1858年 『アーシャ』 1859年 『貴族の巣』 1860年 『その前夜』 『初恋』 1862年 『父と子』 1877年 『処女地』 1882年 『散文詩』

アーデルベルト・フォン・シャミッソー

1813年 「影をなくした男(ペーター・シュレミールの不思議な物語)」 1830年 「女の愛と生涯」

ジョナサン・スウィフト

出版年ではなく執筆年で記録する。散文作品 1696年 「桶物語」 1697年 「書物戦争」 1699年 「私が年老いた時」 1708年 「英国国教会人の感傷」 「ビッカースタッフ/パートリッジ紙」 1710年 「試験官」 1711年 「同盟国の行為」 1712年 「英語の修正」 171…

バルガス・リョサ

1959年 「ボスたち」 1963年 『都会と犬ども』 1966年 『緑の家』 1967年 「小犬たち」 1969年 『ラ・カテドラルでの対話』 1973年 『パンタレオン大尉と女たち』 1977年 『フリアとシナリオライター』 1981年 『世界終末戦争』 1984年「Historia de Mayta」…

緑の家 /バルガス=リョサ

緑の家(上) (岩波文庫) posted with ヨメレバ M.バルガス=リョサ 岩波書店 2010-08-20 Amazon Kindle 楽天ブックス 緑の家(下) (岩波文庫) posted with ヨメレバ M.バルガス=リョサ 岩波書店 2010-08-20 Amazon Kindle 楽天ブックス ・形式 小説、長篇 …

ポール・オースター

1982年 「孤独の発明」 「空腹の技法」 1985年 「ガラスの街」 1986年 「幽霊たち」 「鍵のかかった部屋」 1987年 「最後の物たちの国で」 1988年 「消失 ポール・オースター詩集」 1989年 「ムーン・パレス」 1990年 「偶然の音楽」 「Ground Work」 1992年…

ジェイムズ・ジョイス

1904年 『芸術家の肖像』 「スティーヴン・ヒーロー」 1907年 『室内楽』 1914年 『ダブリン市民』 1916年 12月『若き芸術家の肖像』 1918年 3月「ユリシーズ」 『追放者たち』 1924年 「フィネガンズ・ウェイク」 1927年 『ポームズ・ペニーチ』

空腹の技法 /ポール・オースター

空腹の技法 (新潮文庫) 作者: ポールオースター,Paul Auster,柴田元幸,畔柳和代 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2004/07 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 41回 この商品を含むブログ (41件) を見る ・形式 エッセイ、インタビュー集 ・あらすじ 現代米…

若い芸術家の肖像 /ジェイムズ・ジョイス

若い芸術家の肖像 (新潮文庫) posted with ヨメレバ ジェイムズ ジョイス 新潮社 1994-02-25 Amazon Kindle 楽天ブックス ・形式 小説、長篇 ・あらすじ アイルランドの首都ダブリンの中流家庭に生まれ、厳格なカトリックの教育を受けたスティーヴン・ディー…